フェレットのハンモック・ベッドなどのお店
banner001.jpg
も、よろしくお願いします

ランキング参加中。良ければクリックを♪
banner_02.gife_01.gif

2007年02月25日

毎週病院通い

ちび太とおーじろうのワクチン。
家では、えばってる+暴れ者の2匹ですが、典型的内弁慶。
針を刺したら、イヤンイヤンとばかりに腰ふりまくりで手こずりました。
ワクチン後は、特に問題もなし、只今、横で元気に夜遊び中です。

がっちゃんさんも順調。…ですが、傷口をちょっと舐めているので、抜糸が延びるかも…?酷く舐めているわけではないので、全然問題ないんですが、やっぱり多少傷のくっつきは悪くなるようです。
んー、エリザベスカラーが苦手なのか合っていないのか、つけると歩かなくて、這いつくばってしまうんですよね。ここは心を鬼にして(+カラーを上手く調整して)、つけるべきか。数日くらいなら、抜糸遅れてもいいのか。がっちゃんさんに聞けるものなら聞いてみたい猫(足)

ニックネーム aki at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

がっちゃん副腎摘出後2日目

昨晩寝る前に、ドライフード(いつもはブレンドしてるけど、今日はがっちゃんさんが好きなパフォーマンスのみ)をセット。ふやかしもあげてみたけど、どうにもドライのほうが好みらしくてふやかしは食わん!
0時ごろに術後とは思えないくらいの食欲で(それでもいつもの半量くらい?)、バリバリとドライフードを食べてました。
夜中5時ごろ、朝9時ごろとほぼ4〜5時間おきにきっちりお食事しているし、でるものもでてるので、良い感じです。

夕方、抗生物質の注射のため、病院へ。
様子を伝えると、「食欲があるなら、お薬にしときましょう猫(笑)」との事で、もう点滴の必要も無いだろうからと、留置針も抜きました。は、はやすぎでないですか…exclamation×2
聞いてはいましたが、動物を一番に考えたステキな病院なのを、実感しました。

がっちゃんさん、飛んだり跳ねたりしなければ(普段からしないw)問題なさそうなので、またまた一安心です。当面は、エアコンを効かせたぬくぬくなお部屋で、添い寝です。←私の枕元にケージをセッティング
エアコンの効いた部屋で羽根布団をかぶっている人間は、風邪を引きそうです…たらーっ(汗) 暑くてつらいので、薄手のロンT一枚で寝てます。
ニックネーム aki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

がっちゃん副腎摘出

副腎疾患らしき症状から約1年、ほぼ副腎疾患だろう症状から半年(この期間、月1回リュープリンのお注射)、安心してお任せできる獣医さんを紹介していただき、手術となりました。
がっちゃんさんももうすぐ5歳。エコーで肥大しているのはほぼ右副腎だろうという事もあり、なかなか開腹に踏み切れなかったのですが、いつまでも優柔不断なまま、リュープリンで先延ばしもしていられないので、先月通院時に手術を勧められたこともあり、やっと決断しました。

前日午後9時から絶食。
当日は、9時半までに病院入り。
後は、病院にお預けして、結果を待つのみでした。

お預けした後は、
血液検査とCT撮影。
点滴の後、お昼イチバンでの手術。
手術終了の連絡をいただいたのが、14時半ごろ。
結果は、右副腎の肥大。1時間半掛けて取ったけれども、完全には取りきれませんでした、とのことでした。
右副腎という事で取りきれないことは覚悟していたので、無事手術が終わっただけで、一安心でした。(で、肝心のどれくらい取り残しがあって、今後どうなるのかを聞き忘れてしまいました…あせあせ(飛び散る汗) 抜糸のときに聞こう。)
じき目覚めるでしょうとのことだったので、がっちゃんさんに会いに。
4時ごろ行ったときには、目覚めてました。でもまだしんどそうで、痛々しい。先生からお話を聞いて、今日帰っても良いですよ、との事でしたので、診察時間終了の19時に退院車(セダン)

お家に着いて、昨晩から絶食のがっちゃんさんにごはん。といっても、そんなに食欲も無いだろうし、いきなりフードは…?と思ったので、うすーいヤギミルク&フラックスオイル数滴をあげたら、ほぼ完食exclamation×2
まずは一安心です。
ニックネーム aki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする