フェレットのハンモック・ベッドなどのお店
banner001.jpg
も、よろしくお願いします

ランキング参加中。良ければクリックを♪
banner_02.gife_01.gif

2009年01月30日

頑張っています!1/30

前回、ブログを書いた日、
ごはん(免サポ)の食べが良くなくて、
翌日・22日から、自分からは全く食べなくなりました。


仕方なく、シリンジで強制給餌。


慣れなくて、又、嫌がるのを一日に5,6回も上げるのがかわいそうで、
しっかり食べさせてあげれなくて、
15日の診察では680gあった体重が、
24日の診察では580g、100gも減ってしまいました。


24日の診察で、先生に、強制給餌がかわいそうだ、みたいな話をしたところ、

点滴でも栄養は取れるけれど、状態は確実に悪くなる
ちゃんと飲み込んでくれるなら、口からあげるほうが絶対に良いです

と。
強制給餌になって、もうダメなんじゃないか、と心折れそうになっていましたが、

まだごはんを飲み込んでくれる!と、プラス思考に!

ステロイドも少し増やしてもらい、あまり調子も下がることなく過ごしています。



0901270038.jpg
ちょっと目力が弱いけど、なかなかりりしいももさん〜!




強制給餌になって、1週間になりますが、
まだ、自力でトイレまで行って、するんです。

そんなところで頑張らんでええから、ごはん食べて〜!

日によって、後ろ足に力の入らない時もあるけど、
まだまだ、充分、歩けています。

動画をどうぞ
↓ ↓






0901270039.jpg
相変わらず可愛い〜黒ハート


0901270040.jpg
白いたちが近寄ると、めいわくそうです。。顔(え〜ん)

ニックネーム aki at 17:37| Comment(2) | TrackBack(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強制給餌、最初はすごく可愛そうに思えちゃいますよね。
でもそれを耐えて給餌していって、調子が戻ってきだすと、自力で食べてくれるようになることもあるので、そこまで何とか頑張ってください!
食べないと体力一気に落ちちゃいますからね。

強制給餌が必要な状況と言うのは、だいたい飼い主さんもパニくりながらなので「なんで食べないのよ!食べないと死んじゃうから食べてよ!」って思ってしまうと思います。
私も最初はそうでした。
そうすると、フェレ様もそれを感じとって余計食べなくなっちゃったりもするので、「ちょっとずつでいいから食べよう?美味しいよー」とか「飲み込めて偉いね!」って笑いながら、褒めながらあげるようにしてあげると、フェレ様の緊張もちょっとは緩まりますし、飼い主さんの精神的負担もちょっとは軽減出来るかと思います。

頑張ってください!
Posted by 智凪 at 2009年01月30日 19:57
★智凪さんへ
アドバイス、ありがとうございますm(__)m
智凪さんのおっしゃるとおり、強制給餌になったころは
パニくってばかりで、それがももさんに伝わってたんでしょうね〜。
慣れたから、上手く食べさせてあげれるようになったのかと思ってましたが、
先生のアドバイスで、前向きに、ご飯をあげれるようになった頃から、
明るく声掛けしながらのお食事になり、
しっかり食べてくれるようになりました。

飼い主の気持ちって、すごく大事ですね!

初めてのことばかりなので、
経験された方からのアドバイス、とてもありがたいです。

ももさんが精一杯頑張ってくれているので、
あとは飼い主の頑張り次第ですね。
どっしり構えて、ももさんが安心できるように、、
頑張ります!
Posted by aki at 2009年01月31日 19:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1642910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック