フェレットのハンモック・ベッドなどのお店
banner001.jpg
も、よろしくお願いします

ランキング参加中。良ければクリックを♪
banner_02.gife_01.gif

2009年08月23日

開拓中!

副腎疑い〜な、おーじろうさんをダシに、
近くの気になっていた病院へ行ってみました。


キンさんを診てもらってる病院へ行くまで、まだ少し日にちがあるし、
(次のキンさんお注射は、9月上旬)
いきなり、キンさんのリュープリンで行くには、
もし、あんまり…な病院だったときに、元の病院に戻るのはちょっと気まずいし^^;


〜NEW病院での診察〜
モニュモニュ〜っと触診。

『副腎、腫れてますねー』

っともうやだ〜(悲しい顔)


前立腺は異常なし(これはかかりつけでも異常なしって言われてた)

『リュープリンも手術も、今は必要なし』だそうです。


初めてで、慣れない先生なので、
気になってたことは、一生懸命質問したつもりだったんだけど、
数分で会話終了。
後々、聞きそびれたこと・疑問などが、色々と思い浮かぶ…


膀胱炎と、副腎疾患は、どうも関係ないよう。←よくわからんかった
副腎が腫れてるのも、右なのか左なのか、聞いてない。←忘れてたふらふら
どのくらいの大きさなのかも、聞けなかった。。エコーは撮ってないので『何mmですか?』と聞くのもおかしいかなあ、と思ってたら聞けなかったあせあせ(飛び散る汗)



そんな感じで、良いのか、悪いのか、よくわからず…
少なくとも、掛かりつけよりは、フェレットを診てそうなので、こっちに移ってもいいかな〜なんて思いつつ、しばらく通ってみようと思います。
先生1人の、こじんまりした病院なので、なんとな〜く不安もありつつ、
でも、立派な病院でも、フェレの副腎を診れない病院じゃ、気になるときは詳しい病院に連れて行くとしても、やっぱり不安だし。

NEW病院までの距離&時間(車)は、掛かりつけと同じくらい・20分ほどと、近い!
平日日中は、車が無い事が多いので、原付でも行けるこのくらいの距離は便利です。



DSCF8420_R.JPG

仲がいいのは良い事だけど、揃って副腎疾患にならんでも〜

ニックネーム aki at 00:42| Comment(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント