フェレットのハンモック・ベッドなどのお店
banner001.jpg
も、よろしくお願いします

ランキング参加中。良ければクリックを♪
banner_02.gife_01.gif

2010年04月03日

年に一度、忘れずに☆

先週末、きゅうさんのワクチンなので、病院に行ってきました。

DSCF9403_R.JPG

ブログで仲良くさせていただいている、木崎月さんとご一緒しました^^
いやー、色々といただいて、ありがとうございました!


大阪市内の、フェレといえばここ!って病院あるじゃないですかー
そこに居られた先生が、家から割りと近くで開業されてるとのことで、
これは視察せねばー!と、
そちらに、行ってきました。


換毛中、という以外、ちょー健康そうな、きゅうさん。

かわいい換毛前
DSCF8800_R.JPG

めっちゃ、ロン毛やったのにー

かわいい現在
DSCF9413_R.JPG

なんじゃコレ。



で。
ワクチンしようかな〜っておもてるくらいやから、

 食欲旺盛 う@ちぷりっぷり

の、どう考えても健康そうやったんですよ


なのに、触診で、表面がぼこぼこっとした、腫瘍っぽいしこり、発見

腎臓の横で、体の真ん中らへんです。

場所的に『脂肪壊死』じゃないかなーということで、
(フェレットに多いそうです)
とりあえずエコーをとることに。

※脂肪壊死症
『脂肪壊死症(しぼうえししょう、fat necrosis)とは腹腔や骨盤腔内の脂肪が変性壊死して、硬い腫瘤状の塊を形成し、これが腸管や生殖器を圧迫することにより障害を示す疾病。』(wikipediaより)
お腹の中の脂肪が、何らかの原因でちぎれてしまって、細胞が壊死・固まりになってしまったのもの、だそう。


お昼の休診中の時間にエコーをとってもらって、午後診で説明を聞ききに行きました。

たら、「しこり」は腸管とつながっているように見えるので、腸管からの腫瘍じゃないかと。
(脂肪壊死なら、単独であるはずなので)

リンパ腫の可能性が高いので、追加で血液検査・レントゲンを撮ってもらったけど、
こちらは特に異常なしでした。
血液検査は、オール基準値内。


1週間、抗生物質と消炎剤を飲んでもらって、再診です。


DSCF9430_R.JPG

相変わらず、飛び跳ねてて(写真がブレブレ)
めっちゃ元気なんですけどー。

腫瘍の大きさは、2x1cmほど、
もしリンパ腫だとしても、
こんなに元気なもんなのー?
(相変わらず、食欲旺盛だし、う@ちもぷりっぷり)

DSCF9433_R.JPG

やっぱり上手く撮れない><


ワクチンの予定だったのに、朝11時から18時まで病院にいることに、
そして、諭吉さん1.5人とお別れする羽目に。
お財布も辛いけど、当の本人が一番辛いはずー …には見えない^^;


そして、エコーのいらないおまけ。
副腎がぁー 大きかったですorz
両方とも、6〜7mmですって。
結構大きいね…
無症状なので、様子見ですけど、なんか環境が良くないんかなあ、とへこみつつ、
きっと春やし!時季的なものでは〜、と願ってみる。



初めての先生でしたが、説明もとっても詳しくて、めっちゃ良かったです。
説明が詳しすぎて…合計2時間以上、喋ってたんちゃうかな(笑)

会計&お薬を待っている間、病院にあった試供品のフードを、きゅうさんにあげていたら、
先生が別の試供品を持ってきてくださって、
フェレトークに(空いてたからかなー)

『こんな大人しいアンゴラちゃんは初めてです〜』

と、大絶賛してくれはりました。

いや、ただのビビリちゃんなんですけどネ、と謙遜(でも真実)しましたが、

『ゴラちゃんがリーダーやってお家、よく聞きますけどねー』とちょっと不思議そうやったので、
うちは、ニュージーとカナディアンの男衆が幅利かせてますわ、と。

おもろい先生でした。

ニックネーム aki at 04:38| Comment(0) | いたちの健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント